一般歯科

当院の予防歯科

一度虫歯になり、歯科治療をお受けいただいた歯は、虫歯になっていない歯に比べて、虫歯の発症率が高いとされています。せっかく治療した歯の再発を防ぐためにも、虫歯治療が完了したら、定期健診にて予防歯科をお受けいただくことをおすすめいたします。メンテナンスを行うことで、お口の中をずっと健康な状態に維持していきましょう。
当院では、歯科医師や歯科衛生士が丁寧にメンテナンスを行っております。患者さんのお口の状態や体質に合わせ、1ヵ月~6ヵ月毎にご来院いただいています。ご要望に応じてリコールハガキなどもお送りしていますので、一緒に健康な口腔内づくりを行っていきましょう。

歯のクリーニング

ぶどうなどのポリフェノールやタンニンが含まれたフルーツや飲み物、コーヒーや紅茶などを摂取すると、歯にステインが付着し、着色が起こります。これらは、毎日の歯磨きでは取り切ることができません。そこで、歯科医院で専用の機器を用い、歯のクリーニングをすることで、歯の表面に付着している汚れや着色を取り、白い歯を取り戻すことができるのです。また、汚れが除去できるため、虫歯や歯周病予防にもつながります。

歯周病治療

現在、日本人成人の80%以上がかかっているとされている歯周病。歯周病とは、プラークに含まれる歯周病菌が歯周組織に感染することで、歯ぐきが腫れたり出血を起こしてしまう病気です。病気が進行すると、歯を支えている歯周組織が徐々に破壊され、歯が抜け落ちてしまうこともあるのです。歯周病の一番の恐ろしさは、自覚症状がないということ。気付いた頃には手遅れになってしまっていた、というケースが多いのです。そのため、早期発見・早期治療を行い、歯を守ることが大切になるのです。当院では、定期的なメンテナンスにて、歯周病のチェックや予防も丁寧に行っております。

虫歯治療

風邪などと異なり、虫歯は決して自然治癒することはありません。また、虫歯治療で削った歯は、二度と元に戻ることはないのです。そのため虫歯になってしまったら、進行していない初期段階での早期治療をお受けいただくことを、おすすめいたします。
当院では、麻酔を用いた「なるべく痛くない虫歯治療」を心がけております。院長の長年の経験から、麻酔後だけでなく、麻酔を注入する際の痛みまで軽減していますから、ご安心してご来院ください。

虫歯の進行と治療法

C0:脱灰

虫歯の初期段階です。白濁がありますが、痛みもなく自覚症状もありません。この段階で早期発見することができれば、毎日の歯磨きとフッ素塗布で改善が見込めます。

C1:エナメル質の虫歯

歯の表面のエナメル質が溶けて、歯の表面が黒くなっている状態です。痛みはなく、虫歯部分を削って詰め物をすれば治ります。

C2:象牙質の虫歯

虫歯が象牙質まで達した状態です。痛みが少ないですが、冷たい物や甘い物が沁みます。虫歯部分を削って詰め物をする治療法を行います。

C3:神経の虫歯

虫歯が歯の神経にまで達してしまった状態です。強い炎症や痛みがありますから、神経を取り除く必要があります。その部分にかぶせ物を装着して治療します。

C4:歯根の虫歯

歯の根まで虫歯が進行してしまった状態で、歯の神経が死んでいるため痛みは伴いません。ほとんどの場合が抜歯をして入れ歯やブリッジ、インプラントを入れる治療法です。

菅野歯科医院 TEL:044-852-8211